« ソードフィッシュⅡ製作記 そにょ18(下地塗装編1) | トップページ | ソードフィッシュⅡ製作記 そにょ20(出戻り加工編1) »

2007年9月23日 (日)

ソードフィッシュⅡ製作記 そにょ19(下地塗装編2)

ボクは缶スプレー塗装での強弱コントロールが出来ない人なので
サフ吹きも瓶入りをエアブラシで吹きます。
070923a_2 

使うのは、クレオス社『Mrサーフェイサー1200』。
ガレージキットではなく、基本下地のしっかりしたプラモですから、
いきなり仕上げ目の細かい『1200番』で十分でしょう。
但し、サフは目が細かくなるほど色が白っぽくなる傾向があるので
Mrカラーの黒を混ぜて、キズチェックがしやすくなるよう吹きます。

070923b

|

« ソードフィッシュⅡ製作記 そにょ18(下地塗装編1) | トップページ | ソードフィッシュⅡ製作記 そにょ20(出戻り加工編1) »

コメント

サフの1000と1200って変化って分かる?
オレつやの違いしか分かんないんだけど・・・。
とりあえずつや消し仕上げになる1000は使いにくいのは確か。

投稿: ぶぶぶぶぶぶ | 2007年9月24日 (月) 01時16分

>サフの1000と1200って変化

いやあ?まあ1200番の方がエアブラシで吹いた時詰まりにくい、って感覚はあるけども。
逆に使い辛いんで、ギリギリまで溶剤で薄めちゃうんだよねえ。

投稿: うらちー | 2007年9月24日 (月) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソードフィッシュⅡ製作記 そにょ19(下地塗装編2):

« ソードフィッシュⅡ製作記 そにょ18(下地塗装編1) | トップページ | ソードフィッシュⅡ製作記 そにょ20(出戻り加工編1) »