« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月27日 (水)

銀英伝 ヒューベリオン製作記  ロシアンティーを一杯♪12

本体の二次塗装を終了。細部の塗装に入ります。080827a

艦体側面のスパルタニアン射出口(赤いライン)をエアブラシ塗装。
本来、赤色をハッキリ出す為に一度下地を作るのだけど、あえてそのまま塗装。

080827b

うん、こんなもんかな。引き続き他のメカ部をマスキング塗装するのです。

Banner2_8 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

銀英伝 ヒューベリオン製作記  ロシアンティーを一杯♪11

本体塗装目前で間を空けてしまうと、どうしてもやり残した作業があるような気が。
各アンテナは真鍮線を挿しただけで再現してましたが、見た目が物足りなくなり
φ0.5mmパイプ&0.3mm線を組み合わせて段差をつけてみました。080817a

こんな細かい事やり出すとキリが無いんで、とっとと塗装を始めてしまいましょ。
まずは全体の雰囲気をつかむ為に、黒下地から一次塗装開始。080817b

事前にサンプル塗装で確認していたので、調色についてはほぼ問題なし。
ただ塗装対象が直線的な単純デザインの為、このままでは面で間延びしそう。
塗装でパネル強調等しないとつまらない立体物になりそうな気が。
一晩時間を置いて、2次塗装で青色をハッキリさせてから検討してみますわ。

・・・あーそろそろ専用台座も造り始めないとなあ。

Banner2_8 ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

銀英伝 ヒューベリオン製作記  ロシアンティーを一杯♪10

散々悩んで調色した本体色ですが、ちょいと後回し。
組み立て手順を考慮して、先にエンジンスラスター内部を塗ってしまいましょー。
いざ色が決まってしまえば、安心して別の作業ができるのです♪

まずは下地を白色に。今回は知り合いからサンプルとして小分けしてもらった
WAVE製『HGホワイト』を吹いています。

080813a

おースゲー!黒地直塗りなのに、一発で白が出ましたよ。
頑固にクレオス1番を使い続けてきた身としては、この隠蔽力はビックリ。
ただ、この『HGホワイト』、メーカーでもずっと在庫無いんですよね。にょろれーん。

080813b

スラスター臨界状態を再現する為に、暖色系で塗装。
エッジで白が辛うじて残るようオレンジを薄く吹いた後、蛍光イエローを軽く上乗せ。

もう少し淡い白色に近づけた方が自然だったかの?

Banner2_8 ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

銀英伝 ヒューベリオン製作記  ロシアンティーを一杯♪09

本体色の調色でまだ悩んでいたわけですが・・・。
緑色を基調とした他の同盟軍艦体カラーとは異なり、ヒューベリオンは青系色。
アニメや数あるPCゲームイラストの中でも、青竹色だったり水色だったりで曖昧。

ちょいとアニメ劇中のシーンをキャプして色チェックです。080810a_3 

全110話中の後半、メルカッツ提督が乗る様になった頃の落ち着いた青竹色?
が結構好きなので、これにあわせて調色してみます。

080810b 080810c

何パターンか色を作ってみて、実際にジャンクパーツに塗装して色合いを確認。
(当然、下地色もキチンと実際塗装するパーツとあわせるのです。)
うーん、無難にコバルトブルー+白をベースにクリアブルー&グリーンで合わせて
いくのが一番近い・・・かな。上記画像の一番右の調色で決定。
後で調色した塗料が切れると致命傷なので、多めに作っておきましょー。

Banner2_8 ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »